ローズの休日ブログ

映画&海外ドラマの感想を書いてる。

映画

Netflix映画『6アンダーグラウンド』ネタバレ感想:型破りな幽霊たち

投稿日:

6アンダーグラウンド

どうもローズです。

最近、『アイリッシュマン』や『マリッジ・ストーリー』などで勢いにのっているNetflix映画界。

そんな中またまた面白そうな作品がやってきました。ライアン・レイノルズマイケル・ベイ監督がタッグを組んだ『6アンダーグラウンド』です。

他にもメラニー・ロランや数々の有名俳優も出演。アクションもド派手で、盛り上がること間違いなしでしょ。

『6アンダーグラウンド』作品紹介

原題:6 underground

公開日:2019年12月13日

監督:マイケル・ベイ

キャスト:ライアン・レイノルズ、メラニー・ロラン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、ベン・ハーディ、アドリア・アルホナ、コーリー・ホーキンズ

上映時間:128分

注目すべきは、なんと言ってもライアン・レイノルズとマイケル・ベイ監督でしょう。個人的にはメラニー・ロランが大好きなので彼女の活躍を楽しみにしています。

 

『6アンダーグラウンド』あらすじ

自らの死を偽装したテック界の大富豪が、卓越した技能で世界を股にかけて活躍する男女を集めチームを結成。傍若無人な独裁者を倒すため、”命”をかけた任務に挑む。(Netflix)

簡単に言えば、圧倒的に能力を持った個人たちがチームを結成して権力者に挑むド派手なアクション映画ですね。

 

『6アンダーグラウンド』キャスト・登場人物

1(ライアン・レイノルズ)

6アンダーグラウンド

億万長者。

幽霊チームのリーダー。チームのメンバーは全員死んだことになっている。

磁石を自由自在に操るスペシャリストで、発明家でデジタル追跡などの技術を発明した人間でもある。

1演じるのはライアン・レイノルズはマーベル俳優としても活躍しているライアン・レイノルズ。デッドプールが記憶に新しいですよね。

妻にブレイク・ライブリーを持ち、アメリカの雑誌『ピープル』から「最もセクシーな男」に選ばれるなど映画以外でも話題が尽きない男。

 

2(メラニー・ロラン)

6アンダーグラウンド

元CIA探査管。

2として活動しており射撃や格闘、何でもできる万能タイプ。

演じるのはフランス出身のメラニー・ロラン。個人的に大好きな女優さんの1人で、映画『人生はビギナーズ』で一目惚れ。ブロンドとブルーの瞳がとても魅力的。

今回はアクションシーンで盛り上げてくれました。

 

3(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)

6アンダーグラウンド

元殺し屋。

3として活動しており、殺し屋のくせに母親思で意外に良い一面もある。

 

4(ベン・ハーディ)

6アンダーグラウンド

スカイウォーカー。

4として活動しており空中戦が得意。もともとは泥棒として色々なものを盗みまくっていた。

 

5(アドリア・アルホナ)

6アンダーグラウンド

ドクター

5として活動しており2と同様貴重な女性メンバー。

 

7(コーリー・ホーキンズ)

6アンダーグラウンド

スナイパー。

もともとは戦場で特殊部隊として活躍していました。その後、分け合ってチームに加入し7として活動することに。

『6アンダーグラウンド』評価

面白かった!!!10点満点中8点!!!

Netflix映画での8点は初めてです。お世辞抜きに今まで見てきたNetflix映画で一番面白かった。頭を空っぽにしても楽しめる映画で皆と見れば更に盛り上がると思います。

まずアクションがとにかく凄い。ド派手なのから、トリッキーなもの、奇想天外なものまで様ざなまバリエーションのアクションが披露されました。

スタートからいきなりアクションシーン前回なのでテンポめちゃくちゃ良いです。見どころが多すぎて一言ではこれが良い!とは言えないほど。

正直、予告だけ見た段階ではこれほど面白い作品だとは思っていなかったためいい意味で期待を裏切られました。なので予告関係なしに見てほしいです。

次に各キャラクターの圧倒的な才能に驚かされました。みんなかっこいいので注目する価値多ありです。空中戦が得意なものいれば射撃が得意なもの、各分野のスペシャリストが揃った感じです。

個人的に大好きなメラニー・ロランの活躍には目を奪われました。アクションするメラニー見るの初めてなんですけどかっこよすぎ。みなさんもお気に入りのキャラクターが見つかるといいですね。

 

『6アンダーグラウンド』ネタバレ感想

20分間の激闘

スタートから約20分間はアクションの連続。舞台はイタリアのフィレンツェ。いや〜すごかった。倒しても倒しても次から次へと現れる車が超厄介。

正直いきなりアクションから始まったのでわけが分からず状態。車のメンバーの1人は銃で撃たれて出血、それを治すドクター、運転がうまい好青年、とにかくうるさいリーダー的な人。最初に分かったのはそんなところ。

銃で打たれ出血がダラダラ状態の女性は元CIA探査管で2。射撃がとにかくうまく彼女がいなかったら間違いなくあと数人は殺されていたでしょう。

ドクターも2を治してしまうあたり凄い。よくあんな戦いの最中に治療できましたね。後は4のスカイウォーカー。

空から攻撃を仕掛ける常識はずれの人物。こうやって振り返ってみると全員が卓越した技能を兼ね備えていますね。

ドライバーの6と呼ばれていた少年の運転さばきは見事でした。障害物や人を見事にかわし被害者を出さないところとか良かったですね。皮肉なことにその少年がなくなってしまうことになるとは、、、

 

新メンバー

6が亡くなりリーダーの1は新たなメンバー7を探すことに。その次に7になるであろう人物は狙撃を得意としており戦場で特殊部隊として活躍していました。名前はブレイン。

しかしある日、戦場でピンチの際に上司から射撃許可をもらえず友人を亡くす経験をします。そんなブレインに自由に活躍してもらおうと1は目をつけました。世界の悪党を倒す仕事です。

チームに入るべくブレインは死んだことにさせられ無事”7”として向かい入れられました。これで再びチームは6人に。

”幽霊”となり人間ができない仕事をこなすのが彼らのやり方。すなわち皆が死人ということ。そうでもしないと自由に活動できないからです。なので1番の特権が自由。なんでも好きにできます。人質もとられることありませんし。

そしてメンバーは幽霊屋敷という場所に見を隠しており日々を送っている。知らない街にしか行けず、仲間は幽霊だけ。もちろん家族にも会えない安全のためお互いを番号で呼ぶ。それがチームのルール。

ちなみに1は磁石を自由自在に操るスペシャリストでした。あと発明家でデジタル追跡などの技術を発明した人間。7が加わりチームは最悪に悪い独裁者を倒すためクーデターを実行することに。

 

ロヴァク

最初のターゲットはトゥルギスタンの独裁者ロヴァク・アリ。やつは戦争犯罪を犯した極悪人。禁じられた化学兵器を使用し多くの人の命を奪った。

億万長者だった1は徐々に自分のお金を人助けのために使うようになります。しかし億の財産でも足りず。肝心の政府は人助けをしない。そのため自分で動くことに。

そして戦いの途中で取れた目玉で将軍にたどり着くことに成功。

一方、ロヴァク率いる将軍たちは武器商人のビクターへ会いに行くためラスベガスへ。まずは関係者たちを次々に射殺。そしてロヴァクの弟ムラットのお守り役ガリオス将軍の射殺にも成功。

 

救出作戦

ガリオスからムラットの居場所を聞き出したチームは香港へ。目的はペントハウスからの救出作戦90階の牢獄にいるロヴァクの弟を脱獄させること。

90階からの救出作戦は最高に盛り上がりましたね〜。思った以上に救出シーンが長くて楽しめました。夜景が綺麗でとてもあんな場所で銃の撃ち合いなんて考えられない。

救出作戦の最初が笑気ガスとは最高に笑える。敵だけならまだしも3までかかってしまいました。かかってなければもっとマシな戦いになってたでしょうね。

無事にムラットを救出することに成功したチームでしたが4だけビルに取り残されてしまいます。移動手段であるジップラインが切られたのです。1は諦め先を目指すことに。

でもそこからの4の粘りは凄まじく今回のハイライトと言ってもいいでしょう。障害物をうまく利用し次々に困難なルートをかいくぐり別のビルに乗り移ることに成功。爆弾などで邪魔されますが4には通用しませんでした。

カメラワークも様々な角度から撮っており、まるでなにかの競技の途中かのような緊張感が伝わってきました。

最後に4は追い詰められますが7が敵を撃ち抜き、見事に生還を果たします。1の指示に逆らってでも救おうとするメンバーに心打たれました。

 

死者の日

国営テレビを乗っ取りその番組の報道官になったムラット。そしてロヴァクのしてきたことが国中に知れ渡りクーデターに成功。各キャスターが報道し国民は怒りを顕にする。

一方1たちはロヴァクが乗っている船に乗り込む。磁石を使い敵を自由自在に操り倒していく。1の磁石作戦が予想以上にうまくいきチームはやりたい放題。

磁石作戦面白かった〜。スイッチをいれればくっつき、キレば離れる。磁石の効き目に1も驚いていましたからね。

あと2演じるメラニー・ロランのアクションシーンがかっこよすぎて、、、他に最高のシーンって何度か言ってますけど彼女のアクションが1番でした。てかこの映画見どころ多すぎてお腹いっぱいになるレベル。

チームはロヴァクを追い込みますが再び4が追い詰められることに。そこで1がとった選択は”助ける”でした。4を見捨てロヴァクを追えることはできましたがそうはしませんでした。

1が人間的に成長した貴重なシーンですね。チームのメンバーは感動しており、これでチームワークはより磨かれたんじゃないでしょうか。

 

ラスト

船の敵を全滅させ、逃げたと思われたロヴァクも捉えることに成功。てか敵どんだけいるんだ。そしてその敵をひとり残らず倒してきたメンバー凄すぎ。

そしてムラットと一緒にロヴァクを国民に預けました。今までさんざん酷いことをしてきたロヴァクは国民から叩かれ、殴られ、切られ、苦しみながら死んでいきました。

2は3と4は5と7は1人で幸せそうにするシーンが流れました。そして1には子供がいたんですね。あの時知り合った奥さんとの間にできた男の子。これからも6人の活動は続きます。

6人の天才たちが繰り広げた戦は圧巻でした。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アースクエイクバード

Netflix映画『アースクエイクバード』ネタバレ感想:日本語喋るアリシア・ヴィキャンデルが魅力的

どうもローズです。 Netflixオリジナル映画の『アースクエイクバード』についての感想です。 三代目 j soul brothersの小林直己と、あのアリシア・ヴィキャンデルが共演するということで興 …

【ガル・ガドット】美しきスタイルをキープするための食事は?

ワンダーウーマンでお馴染み、ガル・ガドットの食生活を紹介していきたいと思います。彼女といえば驚異的なスタイルの良さ。彼女は筋トレや食事などでスタイル維持しているのですが今回は食事にフォーカスを当ててい …

ベラのワンダフル・ホーム

映画『ベラのワンダフル・ホーム』ベラの犬種は?あらすじ・キャスト情報についても

どうもローズです。 映画『ベラのワンダフル・ホーム』公開前情報についてです。 犬が主役の映画を見るのは初めてでどんな展開になるのか全く予想付きません。しかも心の声が聞けるということで楽しみです。 予告 …

スパイダーマン ホームカミング mj

スパイダーマン ホームカミングのmj役は可愛いし超すごい人だった!

どうもローズです。 『スパイダーマン ホームカミング』に出演している謎多きmj役のキャストについて紹介していきます。 スパイダーマンシリーズもけっこう長いこと続いていますね〜。最近ではアベンジャーズの …

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE

映画『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』ネタバレ感想:懐かしのキャラ登場!(Netflix)

どうもローズです。 Netflixで前々から見たかったブレイキング・バッドの続編映画、『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』のネタバレ感想についてです。 懐かしすぎるブレイキング …