ローズの休日ブログ

映画&海外ドラマの感想を書いてる。

海外ドラマ

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第2話:カエルって何?のネタバレ・感想

投稿日:2019年5月10日 更新日:

どうもローズです。

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第2話のネタバレ・感想です。

まだ過激なシーンは一切なくたんたんとストーリーは進んでいるといった感じですね。

その他のキャラクターについてもまだそんなに知れてないし、これと言った掴みどころはまだ見つからず。

マカレナは両親に刑務所にいることを電話ではなし、刑務所での再開を果たします。父と母の反応が相対的でした。

ではふりかえっていきましょう。

 

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第2話 内容(ネタバレ)

アナベルの弁護士

マカレナはアナベルが手配した弁護士リカルド・グスマンと顔を合わせることに。

マカレナの署名は全部で4つ。非常に厳しい状況の中、弁護士に保釈を頼み込みますが100万ユーロを工面できないと刑務所から出られることはできないと言われます。

もちろんそんな大金を用意することの出来ないマカレナは絶望…

結局アナベルの弁護士は何一つ役に立たずでした。

なんの収穫もありませんでしたが、アナベルに弁護士を手配してもらったマカレナには代金の支払いが待っています。

変な医者

弁護士に何もしてもらえず精神的にショックを受けたマカレナは刑務所の医者に診察を受けてもらうことに。医者の呼び名はサンドバル。

サンドバルはとても幸せそうな雰囲気で家族と電話をしていて、それを見ていたマカレナは笑みを浮かべます。きっと羨ましいと思ったのでしょう。

サンドバルの診察が始まりマカレナの脈がかなり早くなっているということで鎮静剤を打ってもらうことに。

その後マカレナは鎮静剤の影響で眠ってしまいます。

するとサンドバルがいきなり眠っているマカレナを舐め回してみるかのような怪しい行動を取り始めます。ついでにボディタッチなども。

一見優しそうに見えたサンドバルは変態野郎でした。今後も関わりはあるでしょうから気おつけたほうがいいですね。

 

犯人探し

ミランダを筆頭に看守たちはヨランダを殺した犯人を探すため会議を開いていました。

どうやらスレマが房から出ていたのは鍵を使ってではなく、もともと刑務所では官房のドアが空いていたから。

どうやらこれはヨーロッパ全体の方針で、受刑者たちは自由な通行が推奨されているんだそう。理由としてはストレスなどで自殺してしまう受刑者などがいるからそれを防ぐため。

ファビオはその事にモーレツに反対しており今回の事件が起きたのも少なからずそれが原因だと思っている感じでした。

問題の事件なんですけど事件当日の監視カメラの映像は意図的に映像が消されていました。監視室に入ることができるのは職員のみ。

だとしたら職員のだれかが共犯である可能性が高まります。

ヨランダはアイロンで焼かれ拷問されていたとファビオは推測。それを聞いていたパロマはなんだか様子がへんでした。気になることはヨランダが金のありかを吐いたかどうかですね。

共犯なんですが今の所スレマと関係があるパロマと考えるのが妥当でしょう。しかも会議中も変な様子でしたし、かなり怪しいです。

 

アナベルからの頼み

ヨランダに弁護士を手配し約束を果たしたアナベル。次はヨランダがアナベルの頼みを聞く番。

今晩9時10分に中庭である物を受け取りもってくるようにとヨランダに頼みます。

ロック・アップ / スペイン 女子刑務所

中庭は9時に閉まるし、何を誰から受け取ればいいのか?怪しすぎる頼みにマカレナは嫌がります。

アナベルは中庭で出るためのカードキーをもっており、それを使っていけばいいと説得しますがマカレナは断ります。

しかしアナベルにはそうさせない弱みを握っていました。前にマカレナがスレマをヨランダが連れ出したところを見たと言っていたのをスレマにチクると言い出したのです。

もしもその事がバレたらスレマから”殺される”とヨランダをとことんまで恐れさせ頼みを聞くしかない状況に。

これでヨランダはソレが言っていた”頼み事をしてはいけない”の意味を理解したでしょうね。

 

身体検査

食堂に居た受刑者たちはいきなり身体検査をさせられることに。

その時運悪くマカレナはアナベルから預かったカードキーをポッケに入れており非常にまずい状況。

そんな時隣りにいたリソスから3つ数えたらそれをどっかにやってと言われ、リソスはわざとマカレナのために看守を殴りカードキーをどっかにやる空きを与えます。

なんとか隠すも最終的に看守が監視カメラを使って突き止めバレてしまいます。

 

ついに打ち明ける…

刑務所暮らしに我慢の限界…マカレナは刑務所にいることを母親のエンカルナに打ち明けます。

愛人に頼まれ、違法にお金を動かしたマカレナ。全て騙されてやったことで、動かしたお金を盗んだことにもなっており、騙されたと証明できる事もできない。

もう懲役7年の刑を受けるしか道はない。そんな窮地に立たされます。

初めての懲罰房

アナベルの頼みを聞くために9時過ぎても中庭に隠れていたマカレナ。

ちょうどそのタイミングで検査が行われることに。またしても運に味方されないマカレナ。

アナベルが言っていたあるのものがドローンのような物で運ばれてきたのでとりあえず受け取り、そのまま何もしないまま捕まるのかと思ったらマカレナはハリガネを使って外から通し閉じ込められたように見せかけなんとか疑われることを免れます。

なんとか助かった、、、かのように思われましたが所長のミランダがそうはさせません。検査を行いマカレナが受け取るように言われたものが見つかります。

ドラッグでした。まだ入って間もないですが懲罰房行きになりました。

2日がたち懲罰房の隣から誰かの声が聞こえてきたのでマカレナはその受刑者と軽くお喋りします。

そしてついつい、つかまったドラッグのことが自分の物じゃなくアナベルの物だということまで話しちゃいます。

実はマカレナが話していた相手は受刑者ではなくミランダ。特殊な機械をつかって受刑者になりすましヨランダの情報を聞き出していたのです。

これはミランダうまいことやりましたね。

 

カエル

ヨランダは体を動かしていて手首を捻挫し懲罰房から出ていました。

そこへスレマがやってきます。ヘロインで捕まったのにもかかわらず、捻挫しただけで出てきていたマカレナを怪しんでいました。

ロック・アップ / スペイン 女子刑務所

そしてマカレナをカエル呼ばわりします。意味はチクりや。

ヨランダを最後に見たのは私ら”2人”とマカレナが目撃していたことも知っていました。理由は初日は誰も眠れないから。最初からスレマには見透かされていましたね。

ヨランダが密告したと認めているわけではないスレマですが自分は恨まれている、罪を増やしたいやつは多いい、わかる?と脅迫っぽいニュアンスでヨランダを追い詰めます。

これでまたこの刑務所で1つ学びましたね。カエルにならないほうが身のためだということが。

 

両親と刑務所で再開

ロック・アップ / スペイン 女子刑務所

親を心配させないようにとマカレナは元気のフリを演じます。

既婚者の上司を愛して騙され、保釈金を100万ユーロも賭けられていることを母に話すと、ショックでその場から立ち去ります。

しかし父のレオポルドは捕まったのには、他に原因があるとマカレナの嘘を見破っていました。

財産の名義と帳簿の書き換え、現金を持ち出して会社を破産させたこと、マカレナは正直に話します。でも盗みは自分じゃないと否定します。

旅行の件や恋人の件、刑務所が楽しそうだと言っていた件の嘘も見破っており、自分の意志で行動しないマカレナに呆れていました。

間違えに気づいたなら操り人形でいたらだめだとアドバイス。

そして”刑務所にいる理由は意志をもったことがないからだろ”と確信を疲れたマカレナは何も言えません。

でも無実であることは否定し続けます。

その後500ユーロをレオポルドから内密に受け取ります。問題を解決するための貴重なお金です。

 

マカレナの正義

突然、食堂で皆が魚につばを吐き出し、その魚をマカレナのもとへ送り周りから食べろと煽られます。

ファビオが駆けつけなんとか食べないで済みました。

その後、マカレナは所長のミランダにヨランダが死んだ日の夜覚えている事をすべて話します。

情報源を内密にするように言われますがマカレナは、別に構わないと言い切ります。ヨランダのために。

よく危険だと分かっていながらもヨランダのために正義を貫きましたね。操り人形から卒業する日もそう遠くはない気がします。

 

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第2話 感想

アナベル、あいつ信用なりませんね〜。ソレとは正反対といってもいいほどタイプが分かれて逆に覚えやすい。

結局マカレナはアナベルに巻き込まれて散々な目に会いましたからね。今回の件でアナベルの好感は下がりましたけど、ソレの好感の方は上がりました。

あとこの刑務所でチクりやのことは”カエル”と言うそうです。結構密告しちゃってるヨランダ、カエル呼ばわりされないといいけど。

ヨランダの母は思ったとおりの人でしたけど父が元治安警備隊とだけあってしっかり者で頼りになる存在でしたね。

ヨランダの嘘も見抜いていましたし、きつく言っていましたけどお金も用意していてなんやかんやで子供思いのいい人。

あと、医者のカルロスの性癖がヤバイ。要注意人物リストに入りました。

ストーリー展開はまだまだゆったりといった感じなので、徐々にヒートアップしていければいいと思ってます!

 

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第3話:2人目の死者のネタバレ・感想

-海外ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウェントワース女子刑務所

【ウェントワース女子刑務所】シーズン6第9話(ネタバレ感想)ファーガソンの結末

どうもローズです。 【ウェントワース女子刑務所】シーズン6第9話のネタバレ感想です。 ウェントワースとは関係ないんですけとうとう始まりましたね”ゲームオブスローンズ”が。記事にしたかったんですけど、こ …

【ハンドメイズ・テイル】シーズン2第12話 イーデンの残酷な結末(ネタバレ感想)

【ハンドメイズ・テイル/侍女の物語】シーズン2第12話(出産後)のネタバレ感想です。 屋敷に一人取り残され結果一人の力で無事出産したジューンは何とか落ち着きを取り戻してる様子でした。ニックもなんとか無 …

ウェントワース女子刑務所

【ウェントワース女子刑務所】シーズン6第4話(ネタバレ感想)新しい囚人マリー登場

Image via hulu どうもローズです。 【ウェントワース女子刑務所】シーズン6第4話(ネタバレ感想)です。 フランキーがいなくなり新たなキャラクターが追加されることになりました。シーズン6で …

【デイ・アフターZ】シーズン1第7話 アイジャンが…(ネタバレ感想)

【デイ・アフターZ】シーズン1第7話(アリクイとムラニヤ)ネタバレ感想です。 最近寒くてほんと作業がはかどらないローズです。今回のデイ・アフターZは個人的にかなりショッキングな内容となりました。普通に …

ウェントワース女子刑務所

【ウェントワース女子刑務所】シーズン6ネタバレ感想:ファーガソンやフランキーは?

どうもローズです。 【ウェントワース女子刑務所】シーズン6を最終話まで見終わった感想です。 ウェントワースもシーズン6終了ということでこれまでの話数を合わせると全てで70話。結構長いことやってますね。 …