ローズの休日ブログ

映画&海外ドラマの感想を書いてる。

海外ドラマ

【ウエストワールド】シーズン1解説&感想(ネタバレ)驚愕!アンドロイドの世界とは?

投稿日:2019年1月16日 更新日:

Photo:variety

どうもローズです。

今回は【ウエストワールド】シーズン1解説&感想(ネタバレ)です。

HBOの超大作ドラマと言われており、評価も高い作品。今までにないタイプの作品で驚愕しまくりました。映像、人物、ストーリー全てにおいてクオリティが高い。そして複雑で難しい作品でした。

ところどころ、どうなってるのかわからなくなることもしばしば…一言で言えばクオリティの高い難しめの作品なので何度か見返すのもありかと思います。

 

【ウエストワールド】シーズン1 作品情報

原題:Westworld

放送局:HBO

シーズン数:2

話数:20

IMDB評価:8.8

(2019.1.16追記)

【ウエストワールド】はエミー賞でシーズン1,2両方ともノミネートされており、まだシーズン2ながら圧倒的に評価が高いです。

そして、娼館の女主人メイヴ役を演じたタンディニュートンがエミー賞で助演女優を優賞しさらに注目されることになりました。

 

【ウエストワールド】シーズン1 あらすじ

”ウエストワールド”とは人間が最先端技術によって作り上げた”ホスト”と呼ばれるアンドロイドたちが来場者たち”人間”をもてなす体験型アトラクション。

ホストには様々な役が割り当てられており、人間を傷つけることはできない。一方人間はホストに何をしても問題なく、セックスやレイプなど何でもアリ。

これまでホスト管理人によってプログラム通りの日常を過ごしていたがある日、何体かのホストたちがプログラム上にない異常な行動をとり始めることに。

 

【ウエストワールド】シーズン1 注目キャラクター

特に印象深かった5名を紹介します。

 

ドロレス・アバナシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)

Photo:hbo

牧場の娘でもっとも古いホストの1人。ある日を境に、恐ろしい光景を観たり、男の声が聞こえたりするなど、幻覚を見るように。そしてループを外れていくようになる。

 

メイヴ・ミレイ(タンディ・ニュートン)

Photo:hbo

スウィートウォーターにあるマリポサという娼館の女主人ホスト。ドロレスと同様に何度も同じ幻想を見るようになり、やがて自らがホストだと自覚するようになる。

 

バーナード・ロウ(ジェフリー・ライト)

Photo:hbo

ウエストワールドのプログラム責任者。第8話で驚愕の正体が明かされる。

 

黒服の男(エドハリス)

Photo:hbo

ウエストワールドに30年以上も訪れている謎めいたゲスト。パークに隠されている迷路の正体を見つけ出そうとしている。

 

ロバート・フォード博士(アンソニー・ホプキンス)

Photo:hbo

ウエストワールドの創立者であり責任者。ホストを使って悪の道に手を染めていく。

 

【ウエストワールド】シーズン1 3つの見所

Photo:IMDb

ウエストワールドを視聴するにあたって押さえておくべき3つのポイントを紹介します。

 

①圧倒される世界観

西部劇をテーマにしたテーマパークがウエストワールド。西部劇独特の世界観が視聴側からしたらたまなくいいです。まるでその世界に自分が居るかのような感覚に陥ります。

そしてドラマとは思えないようなクオリティの高さに驚かされます。世界感、映像、演技、音楽、ストーリ、全てにおいて圧倒されます。もはや長編の映画といってもいいほど。

HBOのドラマということもあって、かなり製作費が費やされているので見る価値ありです。海外ドラマ探しに迷ったらまずはHBOに手を出してみることをオススメします。

 

②欲望のままに生きられる世界がウエストワールド

人を傷つけたり、性行為を行ったり、殺したりとなんでもありなテーマパーク。

相手はアンドロイドなので基本なんでもOK。見た目は人間そのものだから何をするにしても人間相手に行為をしたと思い込めるから、最高なスリルを味わうことが出来るんです。

なんでもできるから羨ましいと思いつつ、自分を制御できなくなり一生ウエストワールドから抜け出せなくなるなんてこともありそうで怖い。まぁでも、現実世界にあるとしたらぜひ行ってみたいです。

 

③ホストになりきるキャストたちの演技力

エミー賞で助演女優を優賞したタンディニュートンを筆頭にホストになりきるキャストたちの演技レベルがとにかく高いです。

停止状態から起動する時や、複数の人格を演じる時などの演技が圧巻です。まるで本物のロボットに見えてもおかしくないぐらいのレベルでした。

ちなみに、ホストは裸の状態が多いいんですけど、各キャストたちの体つきが見事に仕上がっていて違和感なく見れます。(やっぱり外国人は遺伝子が優秀だから何をしても似合う、、、)

 

【ウエストワールド】シーズン1 解説&感想(ネタバレ)

一番厄介だったのが時間軸。現在、過去、未来、とよく切り替わるのでついていけない部分も何度かありました。あとはアンドロイドと人間の見分けも複雑でした。

 

時間軸について整理

時間軸は2つありました。ウエストワールド開設前と後。

 

2015年:初期ホストのドロレスが誕生する。

2018年:アーノルド自殺。(ドロリスに殺させる)その後ドロリスは周囲のホストを虐殺。パークはそのまま開園する。

2022年:若きウィリアムとローガンが来園。

この間にバーナードが造られる。

2052年:メイヴがウエストワールドから脱走しその他ホストたちも地下からいなくなる。←今

 

リサーチの結果以上のことがわかりました。

私自身、途中までは全く分からなく不安になってきた程でした。でもエピソード後半になるにつれて話の大まかな流れがわかるようになってきます。

そして1回見ただけじゃ完璧には理解できないから、もう一回視聴するなり、ネットで詳しく調べるなりしてみた方がいいでしょうね。

 

黒服の男はウィリアム

最終話まで謎だった黒服の男の正体があの、優しい性格のウィリアムだったとは驚愕しました。ゲームだからといい好き放題にしでかすローガンに振り回されていたウィリアムとはまるで別人。年も取っていたから全く気付かなかったわ。

ウィリアムはその後結婚し、ウエストワールドの株主になり、迷路の謎に気づいて探索することになります。

ウエストワールドにくると本当の自分を見つけることができるようですね。まぁ自身の欲望のままに何でもできちゃいますからそりゃそうなるか。

 

バーナードとアーノルドに振り回された件

人間だと思い込んでいたバーナードがウィリアムによって造られたアンドロイドだったとは、、、。この瞬間からパーク外にいる人間たちも疑うようになりました。

そしてアーノルドの正体はバーナードでした。厳密には死んだアーノルドをモデルに作られたアンドロイド。全てフォードによる計画の一部で何もかも彼の思うがまま。

他にも分かったことがあって、バーナードとドロレスは初めて会う関係だという事です。ということから2人の関係はパーク開園前だという事が明らかになります。

うーん、、、いろいろと複雑ですね(笑)

 

全てフォードのシナリオ通りだった

結局は全部フォードが持って行きましたね。

ホストが異常な行動をとったことも、シャーロットたちにクビを発表されるも、冷静なまま。そして、テレサの死、エレンの死を知っていたのもフォードだけでした。バーナードを使って、秘密を知ろうとするものは殺していったのです。

最後にフォードがドロレスから撃たれたシーンもフォードの思惑通り。これまでは人間のための”ウエストワールド”でしたがその間違えに気づき、フォードが用意した真のシナリオはホストのためのものでした。

真のシナリオのためとは言えフォードのやり方が残酷すぎる。ホストを使って人を殺しているわけですからフォードの考えには納得しかねます。まだこれでフォードのシナリオは終わりではないでしょうし今後に期待です。

 

写真の謎

ウィリアムが婚約した女性の写真なんですけど結局何だったんでしょうね。シーズン1では謎が解けておらず、モヤモヤするところではありました。

ウィリアムが落としていった物で、ドロレスの父親役のホストが拾って、その後写真の影響でおかしくなっちゃったんですよね。

 

 

-海外ドラマ

執筆者:


  1. ddd より:

    ウィリアムの婚約者の写真は、視聴者に過去か現在かを理解させるためではないでしょうか?

    ウィリアムはドロレスに会うため三十年農家に訪れていました。
    その時のいつかはわかりませんが結構昔に写真を落としたんでしょう。
    ドロレスの父親が写真を拾った際、写真は痛んでいました。

    若いウィリアムが黒服と知る前は視聴者は二人を別人と思っていたでしょうから、若いウィリアムが婚約者の写真を受け取った際
    「あれ?これ牧場に落ちてた古びた写真じゃ?なんで新しい同じ写真?」
    「あ!ウィリアムのシーンは現在ではなく過去の話なのかな?」
    と気づかせるためなんじゃないかなと思います。

  2. ddd より:

    追記
    ドロレスの父親がエラーを起こしたのは、写真に写った見たことの無い服装・町並みから、ここ以外の世界があるのでは?と考えたからでしょう。
    ●アーノルドのレヴェリーが組み込まれていて記憶が潜在意識下で残っていた
    ●ホストの自我を育てるための二分心の理論も組み込まれていて、アーノルドの声(自分の意識の声)を聞いた
    ●自分の立場、ホストと理解したから

    機能停止される前にフォードを脅したんじゃないかなと。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ウォーキング・デッド】シーズン9第7話 マギーはどこ? (ネタバレ感想)

Photo Credit: Gene Page/AMC 【ウォーキング・デッド】シーズン9第7話(楽器への想い)ネタバレ感想です。 前回のラスト、ウォーカーが喋る?といった衝撃的な展開に。今回はさらに …

【ハンドメイズ・テイル】シーズン2第7話 意外な展開(ネタバレ感想)

【ハンドメイズ・テイル/侍女の物語】シーズン2第7話(その後)のネタバレ感想です。 衝撃のラストを飾った前回から少しづつ変化が見られてきましたね。ギレアドの異常な行いがさらにエスカレートしていきセリー …

【ハンドメイズ・テイル】シーズン1第9話あらすじ&ネタバレ感想 緊張の連続

今回はハンドメイズ・テイル、シーズン1第9話についてのあらすじや、感想などです。 海外ドラマハンドメイズ・テイルについて書くのは初めてで、様々な事情があり、いきなりシーズン1の9話からということになり …

13の理由

【13の理由】シーズン1第2話(ネタバレ・解説)かつての友人

どうもローズです。 『13の理由』シーズン1第2話のネタバレ・解説です。 クレアはハンナが録音したテープの存在を知り、聞き始めました。 カセット1のA面で明らかになったジャスティンとの関係。ジャスティ …

13の理由

【13の理由】シーズン1第6・7・8話のネタバレと解説:トニーの秘密

どうもローズです。 『13の理由』シーズン1第6・7・8話のネタバレと解説です。 ”尻軽女”と呼ばれ、様々な人間からひどい扱いを受けてきたハンナ。そして6話からは、話し合える友達も減っていき孤独は加速 …