ローズの休日ブログ

映画&海外ドラマの感想を書いてる。

海外ドラマ

Netflixドラマ『このサイテーな世界の終わり』シーズン2第6話:アリッサの本心(ネタバレ感想)

投稿日:

このサイテーな世界の終わり

どうもローズです。

Netflixドラマ『このサイテーな世界の終わり』シーズン2第6話のネタバレ感想です。

『このサイテーな世界の終わり』シーズン2第6話 ネタバレ感想

アリッサの本心

別れを告げないままジェームズの元から去ったアリッサは、彼氏のトッドに会いに行きます。結婚式から逃げ出したことを反省して、今の彼氏と一からやり直すのかなと思っていたらまさかの離婚の切り出しでした。

正しい選択をしたと思います。トッドに対して無関心でしたからね。後になって言っていれば、もっと怒られていたかもしれません。結婚はジェームズの存在を忘れたかったからなんじゃないかと思います。

あと、アリッサはあの事件の記憶が根付いており、ジェームズの事を正常な目で見れなくなっていました。未だにフラッシュバックしてましたからね。

本能ではジェームズの事を求めているんだと思います。でも何かが2人を邪魔している。今はそんな感じに見えます。

 

ボニーの跡をつけて

アリッサと別れた後、ジェームズは運転中のボニーを見かけます。アリッサの方向へ向かっていたためジェームズはそのまま跡をつけることに。

ボニーの心境は早く殺したい気持ちでいっぱい。クライブの事を思い出せば出すほど2人の顔が浮かび、ふつふつと怒りがこみ上げていました。

そんなこととは知らずにボニーを背後から見張るジェームズ。メリッサの家についたボニーの動きが明らかにおかしく、ジェームズは怪しみました。ボニーが言っていた姉の話も嘘だと見抜きます。

バイト先でアリッサを発見したボニーは、誰もいなくなるのを待ちました。そして1人になった段階でアリッサの目の前に姿を表します。

跡をつけていたジェームズでしたが、ボニーが2時間アリッサを待っていたため何もできずにいました。やがて日が暮れ、店から客がいなくなりようやく車から降りたボニー。

ボニーを完全に怪しんだジェームズは彼女の車を探索。するとジェームズが殺したクライブの本を発見。そしてボニーがクライブを好きだった事実を知ります。

ここでボニーという女性を完全に理解したジェームズ。話もシーズン1と完全に繋がりました。そしてすぐさま危険を察知したジェームズ。恐らくアリッサを助けるためになにかするでしょう。

ボニーの正体をアリッサは何も知らないわけですから、ボニーはいつだって殺せます。ジェームズが跡をつけていなければ恐らくアリッサ死んでいたでしょうね。そう考えると怖い…

-海外ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

13の理由

【13の理由】シーズン2最終13話:ハンナとはこれで最後(ネタバレ・解説)

どうもローズです。 『13の理由』シーズン2第最終13話のネタバレ・解説です。 シーズン1ではハンナ、シーズン2ではテープに出てきた生徒たちの素顔が描かれました。ここまで来るのに何度も辛いシーンを見て …

ロック・アップ / スペイン 女子刑務所

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第8話:マカレナ逆襲のネタバレ感想

どうもローズです。 【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第8話のネタバレ・感想です。 前回、森から無事に帰ってきたマカレナは出産を決意。リソスは第3級になり就職の話が舞い込んできまし …

ロック・アップ / スペイン 女子刑務所

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第9話:狙われたマカレナのネタバレ感想

どうもローズです。 【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第9話のネタバレ感想です。 前回、手紙を看守たちからチェックされたサライですが今回、反撃に出ます。 マカレナはもう必要のない中 …

このサイテーな世界の終わり

Netflixドラマ『このサイテーな世界の終わり』シーズン1第1話:主人公が殺人鬼?(ネタバレ感想)

どうもローズです。 Netflixで配信されているイギリスのダークコメディドラマ『このサイテーな世界の終わり』シーズン1第1話のネタバレ感想です。 何だ、クソなのに引き込まれるこの感じは。絶対面白くな …

ウェントワース女子刑務所

【ウェントワース女子刑務所】シーズン6ネタバレ感想:ファーガソンやフランキーは?

どうもローズです。 【ウェントワース女子刑務所】シーズン6を最終話まで見終わった感想です。 ウェントワースもシーズン6終了ということでこれまでの話数を合わせると全てで70話。結構長いことやってますね。 …