ローズの休日ブログ

映画&海外ドラマの感想を書いてる。

海外ドラマ

【13の理由】シーズン3最終13話までのネタバレ感想解説 :ブライス殺しの犯人はこの人

投稿日:2019年8月24日 更新日:

13の理由

どうもローズです。

『13の理由』シーズン3最終13話まで見たネタバレ感想解説です。

Netflixの人気作『13の理由』シーズン3が配信されましたね。ブライスが遺体で見つかるという衝撃の予告を見てから気になりまくってましたシーズン3。

1話〜13話までの内容を一気にまとめましたので、気になるエピソードへジャンプして下さい。

『シーズン1感想』1話2話3話4話5話6・7・8話9・10・11・12話13話
『シーズン2感想』1・2・3・4話5・6・7・8話9・10話11・12話13話
キャスト・登場人物まとめ(全シーズン)
【13の理由】全シーズンの主題歌から挿入歌の曲名まとめ一覧!アーティストやサウンドトラックも

【13の理由】シーズン3 見るにあたって抑えておきたいポイント

これまでの流れを軽くおさらい。

  • シーズン1 ハンナが自殺した理由が録音したテープによって明かされる。
  • シーズン2 ハンナの死から5ヶ月が経過したタイミングでリバティ高校に対する裁判が行われ、登場人物たちがハンナの死と向き合っていく。
  • シーズン3 ブライスが遺体で発見されるという衝撃の内容からスタート。

 

ブライスの母とモンゴメリーがレギュラーに昇格。

シーズン3では2人の人物がレギュラーに昇格&もう1人新たな人物が登場します。

ノラ・ウォーカー(ブレンダ・ストロング)

13の理由

息子のブライスが殺害されたことにより必然的にレギュラーに昇格。シーズン3ではクレイたちと直接対決します。

 

モンゴメリー・デラクルス(ティモシー・グラナデロス)

13の理由

運動部で今まではブライスの取り巻き役として登場してました。春祭りでタイラーが銃撃事件を起こしそうになった、キッカケをつくった人。

血の気が多く切れやすい。誰にも言えない秘密を抱えている。

 

アニ・アチョラ

13の理由

新キャラクターでシーズン3の鍵を握る重要人物。

 

ハンナは出ない。

シーズン3ではハンナは出ないことが決定しています。今まではハンナ中心のストーリでしたが、シーズン3はブライス中心にストーリーが描かれます。

 

ブライスへの見方が変わる?

シーズン3の主要人物になったブライス。今まで語られなかった彼の素顔が明らかになります。シーズン3を通してブライスに対しての見方がガラッと変わりました。

【13の理由】シーズン3全話 内容・解説(ネタバレ)

1話 シーズン2から8ヶ月後

ハンナとの別れから8ヶ月後のお話。開始早々新たなキャラクターが登場します。

名前はアニ・アチョラ。これからアニが空白の8ヶ月間を語ってくれます。簡単に行ったら今までのハンナのような立ち位置

まだ詳しいことは分かりませんがブライスと一緒に暮らしているようです。なのでブライスの素顔を知る唯一の人物。物語を通して、ブライス側と被害にあった生徒たち側、2つの視点から語ってくれます。

今回何があったかというと、ブライスが行方不明になりクレイが事情聴取の為、警察に連行されることに。

13の理由

ブライスは多くの人から恨まれており、その復讐としてなにかされたんじゃないかとクレイたちが疑われることになったのです。

シーズン2の最終回で銃撃事件を起こしかけたタイラーでしたが、クレイ達に救われなんとか学校へ行けるまでに回復。あの日の夜、ザックが警察を呼びましたがタイラーを守るため皆んなで秘密を守り抜いていました。

気になった点があったんですけど、ジャスティンやザック、アレックスなど彼らの顔はアザだらけ。どうやらブライスが通っている高校のチームと対抗試合をし、そこでトラブルになった可能性があるようです。

マーカスは学校から追放されコートニーが生徒会長になっており、ブライスの両親は離婚していました。

 

2話 衝撃…ブライスの運命

2話で明らかになったのはクロエとザックとの間に隠された秘密。ブライスにレイプされるもその事を証言できなかったクロエ。

その事を1人で悩んでいるとザックがそばに駆けつけます。そして妊娠していた事を打ち明け、ザックは力になることに。女の子が困っている時に駆けつけるザック一段とカッコいい。

13の理由

ブライスとの間にできた赤ちゃんという事もありクロエは中絶することを決意します。中絶した後もザックは最後まで力になりました。

優柔不断に見えていざというときには誰よりも頼りになる超カッコいい男がザック。今回の件で彼の評判は右肩上がりでしょう。

アニの母親はブライスの祖父を介護しており、それで一緒に暮らしているとのこと。ブライスの家に住み始めたアニは彼が普段見せない別の顔を必然的に見るようになっていました。

リバティ高校から男子校に通うことになったブライスはレイプ事件のイメージが植え付けられており、いじめにあっていたようですね。更にクロエに別れを告げられ、ブライスも悩んでいたようです。

そんな悩んでいるブライスをアニだけは知っていました。ブライスの唯一の共感者と言ってもいいでしょう。

今回驚いたのがラスト。なんとブライスが水辺から死体姿で発見されます…見るに堪えない状態でした…

今まで色んな人を傷つけてきたブライスですが、流石にあれは酷すぎる。彼に一体何があったのか。引き続き見ていきたいと思います。

 

3話 犯人はジェシカとジャスティン?

ブライスの死が学校中に流され、動揺が走ります。そこでアニとクレイがジェシカとジャスティンを怪しみました。

ジェシカには1番と言ってもいいほどの動機があり、更に裁判の後2回ブライスと会っていました。ジャスティンもブライスと2人で会っており、この2人がまず最初に疑われることに。

アニがジェシカはブライスとセックスしていたとか言っていましたけど当然予想は外れます。アレックス以外のセックス相手はジャスティンでした。時間を掛け徐々にジェシカの傷は癒やされていきましたけど、まさかあそこまでSだったとは(笑)

今までは全く反省の素振りが見えなかったブライスですが、ジェシカの元を訪れ自ら謝るなど努力はしていたみたい。

普段は感情的にならないブライスですが、ジェシカの前では珍しく感情を取り乱してました。変わろうとしていた自分に気づいてほしかったのかもですね。

ジャスティンは容疑者から外れたかと思っていたんですけど、母親の元カレが”ダチを殺した”と言っていました。ってことはジャスティンはまだ容疑者の内に入りますね。一体どんな意味だったのか?

それ以外に容疑者はもう1人いました。タイラーです。ブライス?の死体の写真を何枚も持っていました。トニーたちが募集した以外に1つだけ銃を持っており、それで殺した可能性も十分に考えられますね。

今の所、犯人は全く予想が付きません。

 

4話 タイラーは殺人犯の要素を持っていた

4話の主人公はタイラー。リバティ高校最も苦しんでいた生徒と言ってもいいでしょう。

ブライスの死因が射殺であることが判明し、タイラーはクレイたちから疑われることに。

タイラーは春祭りで銃撃事件を起こしかけた過去があるため疑われても当然。銃は持って、いつでも殺せたのにも関わらずブライスを殺す動機がなかったのです。

そんな時、ザックが動機の件に付いて話します。春祭りの件をブライスが全て見ているとタイラーにザック本人が言っていたことが判明。つまりその事をバラさせない為にタイラーが殺したとザックは推測。

さらにブライスの死体と思われる写真も持っていたタイラー。クレイはもう犯人はタイラーとしか思えなくなっていました。

しかし真実は違っていました。ブライスの死体を見つけたのはタイラーで、匿名で通報。写真はその時に撮ったもの。

その日の夜、タイラーは自殺を図り川へ飛び込もうとしていました。その時にブライスの死体を見つけたのです。そして死体を見たタイラーは、もう何もできないブライスを見て”死にたくない、生きたい”と思い、持っていた銃を手放す決意をしました。

クレイたちが力になっているのにも関わらず変われない自分に嫌気がさしており何度も自殺を試みたタイラー。しかしブライスを見て人間死んだら何もできない、変われない、少なくとも今自分は生きていてかわれるチャンスがあるということに気づけました。

そして決定的な証拠としてブライスの死因は殴打ということが判明。銃殺は新聞の誤報でした。

タイラーが自分の気持をしっかり伝えた貴重なエピソードとなりましたね。何度も自殺を試みるなどそうとう苦しんでいたようですけどタイラーの口から”生きたい”と聞けたことに感動しました。とにかく犯人がタイラーじゃなくてホッとしてます。

あとブライスがタイラーから銃を向けられた時すきにしていいと言っていたことには驚きました。そうとう追い詰められていたようです。

 

5話 アレックスとブライス

5話はアレックスが主人公。クレイたちはドラッグ関係でブライスと揉めたのではないかとアレックスを疑いますが、実際は違いました。

ジェシカとの恋愛がうまくいっていなかったアレックスは自分の体が弱いせいだという理由で、ステロイドやドラッグに手を染めることに。

そこで繋がったのがブライスでした。アレックスは何度かブライスと会っていたのです。最初はドラッグだけでしたが、失恋の事でお世話になったりと、ブライスから救われた事を思い出していました。

家族や、友人、周りの生徒たちから冷たい目で見られており常に孤独だったブライス。そんな彼の楽しみがアレックスに会うことでしたが、最終的に2人は別れてしまします。

その後もブライスはドラッグの事をチクったりせず。ただ誰かにいてほしかったんでしょうね。ブライスから救ってもらったのに、彼を1人にしてしまったとアレックスは後悔しているようでした。

後、モンゴメリーがゲイだったことが発覚。性行為をした相手のことを酷く傷つけてましたけどよっぽど知られたくなかったんでしょうね。

今までは問題児として見ていましたけど、家庭でひどい扱いを受けていたりと彼にも悩みはあるようです。

 

6話 トニーの苦しみ

6話はトニーが主人公。ブライスの家にトニーの車が置いてありました。これによってアニはトニーをブライス殺しの犯人だと疑うことに。

しかしまたもや事実は違っていて、これには深い理由がありました。トニーが車を持っていた時まで遡ります。

当時トニーの両親が消えていなくなるといった事がありました。両親は強制送還されたのです。理由は不明。

お金の問題で家などあらゆる部物を売らないといけなくなりました。そして彼氏のケイレブがトニーを匿うことに。

その最中に現れたのがブライス。困っていたトニーの為に車を買い、更に高値で買う交渉を持ちかけたのです。モンゴメリーに車を壊させたことや今までの行いの見返りでした。

6話まで来ましたけどブライスが本当に変わりたがっていたことが伝わってくる。母親思いな一面を見せたりと、彼なりに色々と努力していたようです。

トニー以外にもう1人の秘密も明かされました。ブライスの父親です。父親には別に家族がいました。そう扶養家族です。

今までその秘密を隠しながら生きてきた父親にブライスは怒りを感じていました。今回のお葬式でもお酒を飲んでおり正気ではなかったですし、ほんと父親失格ですよね。

 

7話 クレイの出番

7話の主人公はクレイ。ブライスに銃を向けられた過去が今になってほりかえされます。それにより次はクレイが疑われることに。

警察に連行され、事情聴取されることになります。そこでアニがブライスと性的関係を持っていたことが判明。アニの下着からブライスの精液が検出されたのです。その嫉妬によって殺したんじゃないかと疑われました。

しかしクレイはアニとブライスの関係については何も知りません。なのでそれが原因で殺したとは言えませんし、むしろ犯人は誰なのか知りたがっている様子なので犯人がクレイという可能性は恐らくないでしょう。

アニがブライスと関係を持っていたことはいいんですけど、アニの方からキスを迫ったなんて驚きました。2人は何度もセックスを繰り返し、親密になっていきました。アニはその秘密だけは知られたくない感じでしたね。

13の理由

まぁ豪邸に男女2人っきりで何も起こらないというのが変。それにしてもアニとブライスの相性結構良さげな感じでしたね。

 

8話 ついに打ち明けたタイラー

ブライス殺しに関わっていると疑いが晴れないクレイのもとにポーター先生がやって来ます。理由は警察から事件の手伝いを依頼されていたため。

ただポーター先生はクレイを助ける気でいました。そのためにクレイと仲の良い生徒たちに質問し必要な情報を集めていました。

クレイの良い部分を引き出すためにあえて挑発的な質問を繰り返したポーター先生。期待通り生徒たちはクレイの事を保護。クレイが皆んなから信頼されている証ですね。

以外なことにポーター先生はブライスと会っており、カウンセリング指導を行っていました。そしてブライスは日々変わろうと成長していきます。

ノラがブライスに対して書いた手紙には衝撃が走りました。その手紙を読み”一度も愛されたことがない”と知ったブライス。切ない…

そしてついにタイラーは春祭りの日に起こった出来事をクレイに語ります。モンゴメリーからされたすべての事を。タイラーがどれだけ苦しんでいたのかが凄く伝わってきました。

13の理由

クレイに話す前にブライスにも話していたそうです。ブライスは助ける気でおり、ちゃんとメッセージも残っていました。

いつまで抱え込むんだろうと思っていたんですけど、打ち明けられて本当に良かったですね。タイラーが変わったのはモンゴメリーが原因だと気づいたポーター先生にも感謝です。

 

9話 ジャスティンの隠し事

やはりジャスティンはドラッグを続けていたようでしたね。更生するために、再び運動を始めたり色々と努力はしていたもののそう簡単なことではなかったようです。

さらにジャスティンはもう1つ問題を抱えていました。セスです。ジャスティンは過去にセスのお金を盗んでおり、刑務所から戻ったセスからその事で脅されることに。

セスにお金を返さないといけなくなったジャスティン。1度はスルーするも、再び銃で脅され返さないといけなくなったジャスティン。最悪なことにその場を警察から見られ捕まることに。

そんな時に助っ人として登場したのがブライス。正確にはジャスティンがブライスを頼りました。釈放できたのも、お金を返すことができたのも全てブライスのおかげ。

今までのブライスは支配するためにお金を貸したりしていましたが、その時のブライスは力になりたいという思いからジャスティンに手を貸していました。

更にドラッグで苦しんでいたジャスティンを心配し症状を和らげる薬を用意したりと、ブライスは何とかして力になろうとしていました。友達思いのいいヤツですよね。

 

10話 守られた約束

ハンナの母オリヴィアがこっちへ帰ってきました。現在ニューヨークで暮らしているとのこと。父親の方は子持ちの女性と再婚しているらしいです。

13の理由

10話になり内容が濃くなってきました。順を追って説明していきますね。

  1. オリヴィアはトニーの両親が強制送還されていた理由をしっていた。
  2. ブライスはハンナのテープを聴いた。
  3. ブライスはオリヴィアに会っていた。

まず強制送還の件。犯人はブライスの父親。ハンナの裁判によって家族、父親自身の評判が下がったことによる報復でした。

トニーはこの事実をブライスも知っていたと思い彼を攻め立てます。しかし蓋を開けてみるとブライスは一切関わっていませんでした。

そしてテープの件。ハンナの死と向き合うためにブライスはハンナが録音したテープを聞くことに。これによってクレイがハンナと約束した、テープに出てくるすべての人に聴かせるという約束は達成されました。

テープを聴いたブライスの目には涙が。自分がどれだけのことをしたのか理解し、ハンナのメッセージは彼の心に深く刻みこまれました。

3つ目がオリヴィアと会っていた件。テープを聴いたブライスはオリヴィアに謝るため会いに行く覚悟を決めます。そして実際に出会い謝罪をしたのです。それでオリヴィアの気が晴れるわけではありませんが勇気ある行動だったと思います。

 

11話 対抗試合

11話では対抗試合で起きた喧嘩の原因が明らかになります。最終話まで残すところわずかとなりましたけど、これは最後の最後まで目が離せないパターンですね。

今回明かされた事を振り返っていきます。

  1. ブライスがリバティ高校へ復帰?
  2. タイラーが持っていた謎のデータ。
  3. モンゴメリーにも動機があった。
  4. 対抗試合で起きた喧嘩

対抗試合で喧嘩が起きることになったキッカケが、ブライスの母親ノラからの電話でした。ブライスをリバティ高校へ戻す事に関しての電話。今の学校でうまくいっていないブライスはノラにリバティ高校へ戻りたいと相談をしていました。

その場でノラは断るも学校側に連絡をしていたようです。そしてそれを知ったジェシカは対抗試合で強姦文化追放運動を行うことを決意。

13の理由

試合中にジェシカを含む運動部廃止組は、試合をボイコット。そして敵チームがジェシカの体を触ったことにより喧嘩スタート。結局試合は中断。ここまで本格的なボイコットをしてくるなんて。ジェシカの覚悟が伝わったシーンでもありました。

第1話でタイラーが持っていたUSBメモリの内容が明らかになりました。春祭りで射撃しようとしていた前に撮ったもの。遺書のようなものでタイラーはメッセージにして記録しました。その秘密をジェシカに打ち明けたタイラー。あの頃と比べて確実に良くなっていますね。

モンゴメリーの動機の件に関しても話します。タイラーはモンゴメリーにされた事をブライスに打ち明けていました。それを知ったブライスは試合前モンゴメリーにタイラーにもしなにかしたら秘密をバラすと警告。それによって殺した可能性も考えられることに。

 

12話 警察署へ向かった意外な人物

クレイが逮捕されたことにより意外な人物が警察署へ向かいました。そして対抗試合で起きた出来事が次々に明かされていきます。

では順を追って説明していきますね。

  1. 克服したタイラー。
  2. ブライス殺しの犯人が明らかに?

ジェシカが対抗試合で揉めることになったヒスクレスト高校の生徒たちの目の前でスピーチを行いました。内容は苦しんでいる人に向けて。

そんなスピーチの最中にリバティ高校の生徒たちが克服者と名乗り出るシーンが。自分苦しんでいたけど今は変わろうとしている、というメッセージがこもっていました。

そしてモンゴメリーがいる前でタイラーも克服者であることを明かしました。確実に強くなった証ですね。その後タイラーはレイプされたことを訴えモンゴメリーは逮捕されることに。

2つ目はブライス殺しの犯人。クレイが捕まったことにより無実の罪で逮捕されるんじゃないかと心配していたのがザック

そして彼の口からブライスを殺したのは自分だと、衝撃の内容が明らかに。対抗試合で喧嘩になっていた最中にザックはブライスからタックルされ怪我を負わされました。ザックにクロエをとられたという嫉妬心からのブライスのタックル。

その後ザックは待ち伏せし、不意打ちでブライスを何度も殴ったり蹴ったりして怪我を負わせました。そしてほったらかしにして帰ったザック。これによってザックはブライスが死んだんだと思っていましたが、死因は溺死でザックの暴行は関係なかったのです。

かなりショッキングなシーンの連続となりましたけど、犯人はまだ明かされませんでしたね。

 

※ここから先ネタバレ要注意

まだブライス殺しの犯人を知りたくない人は個々で閉じてください。

 

13話 衝撃の最終話。ブライス殺しの犯人が明らかに。

ついに最終話まで来ました。とうとうブライス殺しの犯人が明らかになります。

  1. タイラーの変化。
  2. 犯人。
  3. ブライスが残したメッセージ。

タイラーが自分の体を写真にして記録していた謎が解けました。

13の理由

もともと1枚だけ証拠として撮っており、その後1日1枚アザを撮り、自分の体の変化を記録し続けていたのです。今となっては完全に傷が消えメンタル的にも安定しタイラーは変わることができました。

シーズン3で1番肝心な部分がブライス殺しの犯人。一体誰がやったのか結局最後まで予測することはできませんでした。

単刀直入に言います。犯人はアレックスでした。まじか〜個人的にかなりショッキングな出来事。信頼していた分のダメージがでかいです。しかも横にジェシカがいた事に驚きました。

ジェシカはブライスから言われたとおり約束の場所へ。その段階でブライスはザックから骨を折られており歩けない状態にありました。

ほったらかしにしてテープだけ受け取ったジェシカたち。しかしブライスは歩けないため助けを求めました。そしてアレックスが近寄り救おうとしますが今までの傷心があふれブライスを海に突き落としました。泳げないブライスはそのまま海に沈み命を落としたのです。

アニは警察署へ向かい事件のことを自ら証言することに。そこで語ったのは真実ではなく嘘でした。なんとアレックスがしたことをモンゴメリーがしたことにし、偽証したのです。

皆んなを守るため、1人だけ問題を抱えていたモンゴメリーを道連れにしたアニ。どうやらこれには皆んなも納得している様子。

しかしモンゴメリーが刑務所から出てきたらどうするのか?と思っていたら悲惨なニュースが飛び込みます。モンゴメリーが刑務所で殺されていたのです。またしてもショッキングな出来事に言葉を失いました…

アニはこの話を知り、モンゴメリーを犯人に仕立て上げる事を思いついたのでしょう。

真実を語ると、モンゴメリーは夏に出会ったウィンストンの自宅にいました。そして皆んなが事件終了で祝いを挙げる中ウィンストンがアニの目の前に現れ、彼は殺してないと言い去っていきました。さらに海でタイラー?の銃と思われるものが発見されます。

最後にジェシカたちはブライスから預かったテープを聞くことに。シーズン3を通してブライスがやり直したがっていたこと、後悔していたことは十分に伝わりました。彼も1人のか弱い人間だったんですね。

ブライスの祖父は息を引き取り、トニーは強制送還された両親たちとチャットで繋がっていました。見つけることが出来て良かったですね。

13の理由はシーズン4で終了することが決定しているので次作が配信されるのは確実。このまま終わると思えないブライス事件。シーズン4で真実が明らかになるのか気になるところです。

 

【13の理由】シーズン3 感想まとめ

見終わった感想をざっくり一言で表すならば”シーズン3も凄かった”です。ハンナが出ないということで少し心配していたんですけど全くそんな事ありませんでした。

これまで以上に複雑になっており何度も感極まりましたし、軽い気持ちで見るドラマではないなと改めて感じさせられました。

ハンナの代わりに存在感を発揮したのがアニとブライス。アニは唯一ブライスの素顔を知っていた人物で、ブライスにとっても重要な人物でした。

まさかセックスすることになるとはね。ブライスの優しさや良い部分に気づいたアニなりの思いやりなんでしょう。女性は苦しんでいる男性を見ると手を差し伸べたくなると言いますし。

ブライスに関してですが、彼に同情したシーンが何度もあって自分でも驚いています。シーズン2までは最低な奴として認識していたのに、彼の素顔を知った瞬間かわいそうに思えてきて、、、

しかもあんな酷い死に方。シーズン3でブライスに対する見方は完全に変わりました。ハンナやジェシカ達にしてきた事は許される訳ではありませんが、個人的にブライスには生きてほしかった派。

思った以上に変わろうとしている姿が伝わってきましたし、頼る人が少ない中よく頑張っていたなぁと。途中から応援していた自分がいました。最後には罪を認めテープに録音していましたし彼の姿勢は本物だったと思います。

モンゴメリーも悪いやつだったけどあんな終わり方は可愛そすぎる。犯人はモンゴメリーということになっていますけどシーズン4ではそれがくつがえるのかに注目ですね。

-海外ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロック・アップ / スペイン 女子刑務所

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第10話:結ばれた2人のネタバレ感想

どうもローズです。 【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第10話のネタバレ感想です。 刑務所から出るためにマカレナは胎児のDNA鑑定を受けようとしますが、サンドバルがそれを拒否します …

ビッグ・リトル・ライズ

【ビッグ・リトル・ライズ】キャストまとめ&各話ネタバレ感想についても!

どうもローズです。 海外ドラマ【ビッグ・リトル・ライズ】のキャストや登場人物、見どころやシーズン1の各話感想などをまとめています。 評判がいい海外ドラマとして知られており、シーズン2の配信が決定したと …

hulu

【2019最新】確実にハマる!huluおすすめ海外ドラマランキング

どうもローズです。 今まで見てきたhuluのおすすめ海外ドラマを紹介します。 【huluおすすめ海外ドラマ】ランキング 1位 ウェントワース女子刑務所 女囚人たちの権力争いを描いたサバイバルドラマ。オ …

ビッグ・リトル・ライズ

【ビッグ・リトル・ライズ】シーズン1第4話:母親たちの苦しみ(ネタバレ感想)

どうもローズです。 【ビッグ・リトル・ライズ】シーズン1第4話のネタバレ感想です。 このブログでは海外ドラマや映画を中心に記事を書いているので良かったらホームページも見てくれると嬉しいです! マデリン …

ロック・アップ / スペイン 女子刑務所

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン2第9話:新たなボス(ネタバレ感想)

どうもローズです。 【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン2第9話のネタバレ感想です。 自殺願望があると診断されたサライはマカレナと同じ房で過ごすことに。それによってリソスの奪い合いは更 …